令和


新しい時代の幕開けですね。

令和(レイワ)はチベット語の「希望」と発音が同じだそうです。

いいですねー!

そんな新時代、希望のエネルギーを受け取るための土台作りに新月瞑想いかがでしょうか(*^^*)笑

申し込みはhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/0ac23891532752こちらです。

期限は新月当日の5日21:30まで

最近、声楽家の方がやっている歌のワークショップに参加したのですが

腹から声を出すという作業がとっても気持ちがよく自分の中で色々な新感覚が芽生えてきています。

歌を上手く歌いたいとか、聴かせたいというのではなく

自分の身体に自分の声をしっかり響かせるということをしてみたかったので直感でいく!と決めて参加したのですが

最初は本当に声が出なくて笑

しばらく魚みたいにパクパクしていました。

しかし段々と声を出すことに慣れてくると声を出す身体へ上手くスイッチが入る瞬間があるんです。

しっかりと先生から教えてもらったポイントを意識して声をだしていると

身体の芯から震える声がでる時があって。

その声の出し方だと喉に負荷もかからないし、身体と頭に細かい微振動を感じるの!

初めてその声が出た時は外側に声を出しているのに自分の内側で声が響いているような感覚になり鼓膜がグワングワンして自分がどんな声を出しているのか聞こえなくなり若干頭が真っ白に。

ペアなった人と互いに発声練習をした時も、相手の出している音がしっかりと身体の芯から出ている声だと

相手の声が頭の上からパラパラと降ってくるように聴こえるんです。

本当に細かいものが優しくパラパラっと落ちてくるみたいな現象にびっくり。

相手の声が伝わってくると自分の耳の鼓膜が震える時もあり、本当不思議な体験でした。

その音、声を、講師の方は「自分の真実の声」と言っていました。

真実の声は普段練習していない&身体のクセや緊張ですんなり出せるものではなく

基礎の発声練習の仕方を教えてもらった計4時間の間に2、3回しか触れることはできませんでしたが

上手くピタッと自分の身体に自分の声がハマった時は実際にハート部分にも微振動を感じ、感動しました。

この歌のワークショップに参加してみて

普段意識せずに声を乱雑に扱っていたことにも気づいたし

声の持つエネルギーを意識を使ってしっかりと方向づけていくことって、自分の発言に責任を持つためにも必要だなと感じています。

日々無意識にどうでもいい言葉にエネルギーを使っていると

そのエネルギーを撒き散らしているんですから

雑多な意識に埋もれてしまうのも当たり前だなって。

そしてランニングと歌には共通点があるかもということにも気づきました。

ランニングで呼吸をしていると歌と同じように心肺機能をフル活用しますが

必死に、そして黙々と呼吸の出入りを繰り返していくと

声、音が出ていないだけで、歌と同じように自分の身体に無音の振動を伝えている、響かせていることに気がつきました。

呼吸は外界と自分の存在を調和させる行為なのかもしれない。

呼吸をすればするほど、声を出すのと同じで自己肯定感が増すのを感じました。

走っていると内臓が自分のリズムでシェイクされて気持ちがいいし

(走り始めたばかりは肺が上下することに慣れていないので痛いっす。だから正確にいうと痛気持ちいかな笑)

ランニングも歌も自分の内側と身体を使って対話する動の瞑想だなって思うようになりました。

今回の新月瞑想&ヒーリングでは、心と身体を繋いでくれている呼吸に意識を向けて

自分へ「ありがとう」を伝えたい。

ピンときた方、申し込みお待ちしております(*^^*)









ABOUTこの記事をかいた人

精神世界の学びが大好きで、日々全力投球中! ヒーラー、アカシックリーダー。 精神、ボディ、みえないエネルギーのバランスを追及しています。