閉鎖した自己感覚へ風穴を開ける

 

感情、自我を「私」と思い込み同化しているものを削ぎ落とすためには

その瞬間、瞬間自分がキャッチした感覚をごまかさずに受け止めて

「受け止める、感じきる」と自然と湖畔に静かに連坐するかのような自己感覚をつかめるようになってくる。

 

人との違いに動揺したり、外的要因によって波紋が生まれ

その振動が「私」と思い込んでいるものを明確化してくれる。

 

自分から生まれるものを瞬間、瞬間ごまかさないってものすごく難しいけれど

掴めた時は自分の内側に表現し難い静寂が生まれる。

 

深く、深くゆったりとしたまどろみの中で自分の声に耳を傾けよう。

ABOUTこの記事をかいた人

精神世界の学びが大好きで、日々全力投球中! ヒーラー、アカシックリーダー。 精神、ボディ、みえないエネルギーのバランスを追及しています。