4月は目を覚ます

 

みなさんはスピリチュアルをなんのために学んでいますか?

 

私は、一番はじめは敵を倒すスーパーパワーが欲しくて…(笑)そしていまは現実をより生きやすくするため、自分の魂との接続を実感するためにやっています。

そして今後も、自分のフィルターを通した世界を目が覚めた状態でしっかりとみて

自分の魂との関わり方を人生で探究しながら生きることを目指しています。

 

よく覚醒者といわれている人たちは「眠りから目覚める」という表現を使っていますが

その眠りから目覚めるは私の言語に当てはめると

自動反応で動いている自分からハッと気づき始めることだと思っています。

眠っている自分に気づいて目を覚ますような感覚。

 

私は今までいろんな人からの刺激で目が覚めるための電気ショックを受けているような状態だったんだと思います。

一瞬ハッと目を開けて見えた世界に興奮して、それがとても楽しかった。

私は天体的にも何でもゲームとして認識し楽しむ性質があるようなので、「私、世界の真理に気付いちゃった!ゲーム」とでもいうような、単発的な新しい発見をするのを面白がってきました。

でもやがて一瞬のハッを延々繰り返すことに飽きてきて。

起きている状態を少しでも長くキープするやり方はないだろうかと、悶々としだしました。

ようやくわかってきていて、それをどうにかメゾット化できればいいなーと思っている現在です。

 

今私のブログを読みにきてくれている人は

人に癒して欲しいとかではなく、私と同じで自分で自動反応に気づいて目が覚めたいと思っている人が来てくれていると思っています。

その目が覚める手段は最終的にみんな自分で見つけるので(人によって己の魂と繋がっている実感は違うから)

最初に比較になる考え方、見方を学んだ後は

どんなことにおいても「自分はどう思うか」「どう感じているのか」を常に主軸にして下さい。

 

他者の経験則から発せられる、こうした方が良いとかアレは良くない、というアドバイスは、それが今この瞬間耳に聞こえたこと、目に見えたことこそに意味があるのだと私は思っています。

自分が聞くこと、聞いたことで感じること、起きた自分のなかの反応を観察すること、自分の内側で巻き起こるエネルギーのうねりから決して目を逸らさないことが、歯を食いしばってでもやり遂げるべきことで、アドバイスの内容(大体は具体的な方法論だと思うのですが)、それを言われた通りに遂行するかどうかは実はあまり重要じゃない。

大いなる何かの小さなかけらでしかない私たちが、私達の大きさレベルで同じ形になってどーすんねーん!

セッション中やワークショップ中にいつもみなさんにお伝えするのは

「私の話をきくことよりも100パーセント自分に集中してください。」ということです。

 

私の人間的思考から出た言葉は全てただのあなたが目が覚めるキッカケでしかないので

きっかけを最大限に自分のためだけに使って自分の状態に集中して欲しい。

どうして自分はそう思うんだろう、感じるんだろうを追求して欲しいんです。

 

 

自動反応に気づいて目が覚めるためにはまず

身体溜まった感情解放をまずとことんやりまくり自己肯定感を取り戻すのが先。

感情のカタルシスをやり尽くすのが一番だと思っています。

もういい!もうこりごり!と自分で納得できるまでとことん感情の溜まりは吐き出さないといつまでたっても自分がつくり出した恐怖からは抜け出せません。

 

とことん騒いで芯から納得できれば既に自分が満たされていることに自然と気がつきます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

精神世界の学びが大好きで、日々全力投球中! ヒーラー、アカシックリーダー。 精神、ボディ、みえないエネルギーのバランスを追及しています。